お悔やみを述べる お子様を亡くしたお宅へのお悔やみ

お子様をなくされたお宅の悲しみは、計り知れません。
弔問をする際には、同じくらいの年の子供を連れていくことは、避けます。

そして、子供に関することを話すようなことも、
絶対に避けましょう。

遺族の悲しみを増やしてしまうことになりかねないためです。

ただ、亡くなったのがあなたのお子さんの同級生だった場合。
子供のお友達だった場合は、連れていくこともいいでしょう。

また、なくされたお子様が高校生以上であった場合、
子供たちが仲よくしていて、また、親も知らない方ではないような場合は、
子供本人だけ、一人で行かせてもよいでしょう。

中学生以下の場合は、あなたも一緒に行った方がいいと思います。

お悔やみの言葉の例)

○○ちゃんがなくなられたと聞きまして・・。
急いで、参りました。
こんなに悲しいことはありません。
心中お察し致します

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.