死亡診断書の受け取りについて

人がなくなった時には死亡診断書の提出の義務があります。
死亡診断書は左右にページがあり、
右側が「死亡診断書」左側が「死亡届」となっています。

もし、病院で亡くなられた場合には、臨終の際に立ち会い、
死亡の確認をした医師によって死亡診断書が書かれます。
その際、署名、押印もその医師が行います。

死亡診断書用紙は、病院や医師が用意していますが、
市区町村役所や葬儀社で入手することも可能です。

ただ、死亡の原因によっては、警察医、監察医による検死が必要となり、
その場合は「死体検案書」を交付してもらうことになります。
その用紙は、検死官が用意することになります。

死亡診断書、死体検案書は葬儀後に必要です。
手続きの際に困らないよう、
その前にコピーを取って大切に保管しておくことをおすすめします。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.