病気で亡くされたお宅へのお悔やみ

現在は、闘病の末に亡くなる場合がとても多いです。
長い間の闘病、長期療養の末に亡くなる方もいらっしゃいますし、
入院期間が短い場合もあります

長い間、寝たきりでいた場合には、
家族は看病で疲れている可能性もあります。

そういう場合には、亡くなられたことを悲しく、また、残念に思う気持ちだけでなく、
ほっとして、そのような言葉を口にしたくなるかもしれません。

ですが、このような場合も、やはり、
弔問側が口にすべきではありません。

看病は大変でしたでしょうね。
というような、遺族を思いやる言葉をかけましょう。

お悔やみの言葉の例

心からお悔やみを申し上げます。
御尊父様にはご養生の甲斐なくご逝去なさったとのことで、
皆様の心中お察しいたします。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.