葬儀の費用について 葬儀の実費

葬儀にかかる費用は、祭壇や棺、人件費だけではありません。
斎場の使用料や、飲食接待費、返礼品費など流動的な費用もあります。
この費用については、事前に葬儀社が立て替えてくれるのが一般的で、
葬儀が終わった後にまとめて清算になります。

斎場使用料は、民間に斎場を使用するか公営の斎場を使用するかで価格が違い、
民営の場合は、20万円~50万円です。公営の場合は5万円~10万円となります。
火葬料は地域によって異なりますが5万円ほどを考えておくとよいでしょう。

また、故人を清めるための湯灌を頼んだ場合はその費用もかかります。
平均して10万円です。

返礼品はお茶やハンカチなどをお返ししますが、5000円くらいを上限に、
お渡しするものによって異なります。

通夜ぶるまい、精進落としの費用は1人3000円~5000円くらいが相場で
食事をした人数によって変わってきます。

また、斎場と火葬場が離れている場合は、その移動のためのマイクロバス代として3万円から5万円、
霊柩車もランクによって異なりますが、3万円から5万円を見ておく必要があります。

その他、ご供花や花輪など、頼んだ人が個別に支払うものなどもあります。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.